yuichi.co

ゆういちのノートブック

ハピタスを運営する株式会社オズビジョンとは?3つの事業内容にわけて紹介

 2401

OZvision

多数の通販サイトで商品を比べるとき何を基準にして購入しますか? 製品の成分や価格、送料などほとんど同じだと思います。購入に少しでも迷いがある場合は、ポイントがもらえるWebサービス「ハピタス」でポイントを比較して購買するのがベストですよ! 掲載しているネットストアによって付与されるポイント数が違ってきます。

そんなハピタスの運営企業はご存知でしょうか? どんな事業をしている企業が本サイトを運営しているか知りたくありませんか?

本記事では、ハピタスを運営企業である株式会社オズビジョンの事業内容を紹介いたします。

下記に筆者が紹介する3つすべてサイトに、プライバシーマークを取得。常時SSL化は全Webページに実装していませんが、ユーザーに向けにサインアップやログイン、ポイント交換など最低限のセキュリティシステムを構築しています。ユーザーがサイトに訪問した時に、安心感を与えることができるでしょう。



1. ポイントサイトの「ハピタス」

hapitas.jp

概要 項目 / 実績
サービス名 ハピタス(hapitas)
URL https://hapitas.jp
サービス開始日 2007年3月
※2012年11月「ドル箱」から「ハピタス」にリニューアル
会員数 約160万人
提携ショップ 約3000社
年間流通総額 約400億円

株式会社オズビジョンの主体となる事業は、老舗ポイントサイトのハピタスです。2007年3月当時のサービス名称は「ドル箱」でした。サービスをスタートして2年後の2009年12月には30万人の会員を獲得。ユーザーが100万人を超えたのは、2011年10月でした。2012年11月からサイト名を「ハピタス」に変更。2015年の4月、会員数約150万人を突破!3年後には、ユーザー数180万人を誇るWebサイトに成長しました。提携ショップは約3000社。年間流通総額は約400億円と非常に利益を上げていそうですね。

ハピタスの長所は、ユーザーがクリック一つで提携しているネットストアに飛び、商品を購入するとポイントがユーザーのハピタスアカウントに付与するところです。さらに、紹介された人が貯めたポイントの10%~40%が毎月5日にもらえる紹介制度のシステムを実装しました。みんなdeポイントは非常に高い還元率を維持。飛行機に乗らずにマイルを貯める陸マイラーたちにとって、本サイトはなくてはならないWebサイトになりましたね。

同社のCEO鈴木良氏は、日本インターネットポイント協議会(JIPC)に理事として参加。本協議会は、ポイントサイトにおけるポイントの不正撲滅を目指して日々活動しています。

協議会参加企業は21社にのぼり、その多くの会社がポイントサイト事業に関与。サイトを経営するにあたって、本協議会に入会しておいて損はなさそうですね。多くの企業の役員さんやお偉いさんに運用のコツや注意点など為になる話が聞けそうです。

2. おトクキュレーションサイトの「Letas」

letas.co

概要 項目
サービス名 Letas(レタス)
URL http://letas.co/letas
サービス開始日 2015年5月β版検証スタート

2015年に検証としてサービスを開始したおトクサイト「Letas」です。本サイトは独自のプログラムを採用し、サイトをキュレーション(情報を収集)して運営しています。

記事内容は、オンラインショップでのお買い物をいかにお得にショッピングするかを掲載。カテゴリーは、ポイントサービスをはじめ、ネットショッピングやクレジットカード、貯蓄・節約・家計など多様なジャンルのお買いに関して得する情報が満載です。ハピタスを運用する一方で、オウンドメディアのようなマーケティング戦略をとっていますね。

3. ギフトサービスの「Zoto」

zoto.gift

概要 項目
サービス名 zoto(ゾートー)
URL https://zoto.gift/
サービス開始日 2016年11月29日

zoto(ゾートー)は、100円から気軽にギフトを贈れるサービスです。伝えたい気持ちに合わせて、簡単にメッセージカードが作れます。送信方法はSNSを使用。カード決済ですぐに支払えるところが特徴的です。

なお、本サービスは2017年10月30日19:00をもって、ギフトの販売が終了しています。翌年2018年の8月31日23:59にサービスの提供をストップするそうです。

まとめ

いかがでしたか? 株式会社オズビジョンの事業内容を拝見してわかったことは、Letasでユーザーを集客し、ハピタスページに移動させて登録を促す戦略をしていることでしょうか。同社の主体サイトはあくまでハピタスということです。

同社の今後の事業展開に期待したいですね。

お小遣い・ポイントサイト ポイントサイト ハピタス