1190

陸マイラー必須の「ANA VISAワイドゴールドカード」のメリット9選

この記事は約11分で読めます。




「ANA VISAワイドゴールドカード」は、陸マイラーにとって必要なクレジットカード。

ANAマイルをSkyコインに交換するときに役立ったり、ANA一般カードに比べてボーナスマイルがもらえたりなど様々なメリットがあります。

本記事では、そんなANA VISAワイドゴールドカードのメリットを9つに分けてご紹介いたします。



ANA VISAワイドゴールドカードの詳細

ANA VISAワイドゴールドカード

名称ANA VISAワイドゴールドカード
形態ANAカード
国際ブランドVISA
年会費本会員:14,000円(税別)
割引:9,500円(税別)
割引方法WEB明細書
適用後来年度以降の年会費割引
▲1,000円(税別)
マイ・ペイすリボ
利用で初年度より年会費割引
▲3,500円(税別)
マイル移行手数料(自動)無料:1ポイント = 10マイル
マイル還元率通常:1%
最大:1.648%
サービスEdyチャージポイント:0%
電子マネー:iD/楽天Edy
支払日毎月10日
ポイント移行あり
継続時2,000マイル付与
搭乗ボーナスマイル25%
ANA航空券購入後、フライト100円 = 2.5マイル
付帯保険海外旅行保険:最高5,000万円
国内航空保険:最高5,000万円
ショッピングガード保険:
最高300万円(海外でのみ適用)
カード盗難保険:あり
家族カードあり(陸マイラーは不要)
死蔵カード or メインカード死蔵カード
最適な利用方法Gポイントへポイントを交換

ANAワイドゴールドカードには、VISAやMasterCardブランドの他に、JCBブランドもあります。しかし、JCBのマイル最大還元率は1.0%までなのでおすすめしません。

ワイドゴールドを申込むのであれば、VISAを選択して申し込み、ANA VISAワイドゴールドカードを手に入れましょう。

【最大】メリット1 ワールドプレゼント→Gポイントのマイル移行手数料が無料でリアルタイムに交換

陸マイラーの多くがなぜANA VISAワイドゴールドカードを所有しているのか、それは、

「ポイントサイトで貯めたポイントを、ワールドプレゼント経由でGポイントにリアルタイムで交換でき、LINEポイントルート経由で81%の高い交換率でANAマイルにすることができるから」

です。

これがANA VISAワイドゴールドカードを所有する最大にして一番のメリットです。

陸マイラー的!ポイントをANAマイルに交換する7つの手順・スケジュール

【最良】メリット2 SKYコインに交換する倍率が1.6倍

ANAカード種類ANAゴールドカードANAカード(ワイド・一般)
モバイルプラス
AMCモバイルプレス会員
ANAマイレージクラブカード
交換ANAマイル数交換後コイン数
40,000ANAマイル60,000(1.5倍)48,000(1.2倍)
50,000ANAマイル~
200,000ANAマイル
80,000(1.6倍)~
320,000(1.6倍)
75,000(1.5倍)~
300,000(1.5倍)
60,000(1.2倍)~
240,000(1.2倍)

上記のカードを使って、ANAマイルをSKYコインに交換する倍率を比較すると、40,000ANAマイルまでは1.5倍の交換率ですが、50,000ANAマイルから差がでます。

ANAワイドとANAワイドゴールドは別物だという事を認識しましょう。

メリット3 ボーナスマイルが25%UP

  1. 利用運賃 = 運賃7(最安値のANA SUPER VALUE 75で予約)に設定
  2. ANAプレミアムメンバーステイタス = 選択無
  3. 利用カード種別 = ANAゴールドカードに設定
922ANAマイル
獲得するマイルの内訳
フライトマイル738ANAマイルボーナスマイル184ANAマイル
フライトマイル内訳ボーナスマイル内訳
区間マイレージ984ANAマイル区間マイレージ984ANAマイル
クラス・運賃倍率75%クラス・運賃倍率75%
プレミアムステイタスまたは
利用カード別積算率
25%

上記3つの条件で、羽田空港から那覇空港まで1回搭乗したときに付与されるANAマイルの内訳です。

ボーナスマイル内訳の利用カード別積算率に注目してください。

ANAカードの種類利用カード別積算率ボーナスマイル
ANAゴールドカード25%184ANAマイル
ANA一般カード10%73ANAマイル
ANAマイレージクラブカード0%0ANAマイル

利用するカードによって、ボーナスマイルの積算率が変わってきます。ANA VISAワイドゴールドカードを使うことで、積算率が25%UP!

ANA VISAワイドゴールドカードと一般カードを比較すると、111ANAマイルも違うことがわかります。

111ANAマイルを貯めるには、ANAマイルの還元率1%のクレカで決済したとすると、11,100円分の商品を購入しないと111ANAマイルが付与されません。

ANA VISAワイドゴールドカードは、ボーナスマイルの積算率が、一般カードやマイレージクラブカードとは異なるということがわかりましたね。

ANAフライト・プレミアムポイントシュミレーション

メリット4 年会費を最大4,500円割引できる

  1. 決済代金WEB明細書サービスの利用
  2. マイ・ペイすリボを利用

上記2つの条件をクリアすると、ANA VISAワイドゴールドカードの年会費を9,500円(税別)まで引き下げることができます。

1. 決済代金WEB明細書サービスの利用 ▲1,000円

ANA VISAワイドゴールドカードの決済額が記載されている明細書をWEBにすれば、年会費▲1,000円を実現できます。

用紙にしてカード利用者の自宅宛てに送付すると、送付代金や用紙代がかかるためです。

2. マイ・ペイすリボの利用 ▲3,500円

ANA VISAワイドゴールドカードのマイ・ペイすリボは、お買い物1回払い使用分が自動的にリボ払いになるお支払いサービスです。

リボ払いって怖い!設定とか条件とか面倒臭そう!と感じた方は、下記を参考に一読して実践してみてください。

マイ・ペイすリボは設定していないと超危険!今すぐ見直しを!!
三井住友VISAカードのリボ払いの設定方法です。

一度設定すれば、半永久的に▲3,500円の割引を受けることができるので設定して損はしないでしょう。

メリット5 クレジット決済で還元率1.648%を実現するけど…

ANA VISAワイドゴールドカードで還元率1.648%を実現するには、下記の3つが重要事項です。

  1. マイ・ペイすリボの利用
  2. ソラチカカードを所有
  3. ステージV3で年間300万円以上の支払が必要

上記2つは、実施できるかもしれませんが、3. の300万決済は、専業主婦や学生、サラリーマンではちょっと実現不可能に近い数字ですよね。計算すると毎月25万円の決済が必要です。高が知れていますよね。

なので、陸マイラー的に考えると、無理してANA VISAワイドゴールドカードをメインカードとして利用せずに、

  1. ポイントサイトのポイント移行に役立つカード
  2. ANAマイルに移行後、Skyコインに交換するカード

として、ANA VISAワイドゴールドカードを死蔵するのも手の一つです。

ちなみに、筆者のメイン決済クレジットカードは、ANA VISAワイドゴールドカードではなく、ホテル宿泊最強クレジットカードの「SPGアメックス」を使っています。

メリット6 特定の国内・海外ラウンジが使える

下記の表は、ANA VISAワイドゴールドカードと航空券のチケットや保安検査証を掲示して入れるラウンジ一覧です。

北海道、東北地方
新千歳空港スーパーラウンジ
函館空港ビジネスラウンジ A spring
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ロイヤルスカイ
仙台国際空港ビジネスラウンジ EAST SIDE
関東地方
羽田空港第1旅客ターミナルビル1階POWER LOUNGE CENTRAL
羽田空港第1旅客ターミナルビル2階POWER LOUNGE SOUTH
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港国内線エアポートラウンジ、POWERLOUNGE
成田国際空港第1旅客ターミナルビルビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ
成田国際空港第2旅客ターミナルビルT.E.Iラウンジ
中部、北信越地方
新潟空港エアリウムラウンジ
富山空港ラウンジらいちょう
中部国際空港プレミアムラウンジ セントレア
小松空港スカイラウンジ白山
富士山静岡空港YOUR LOUNGE
関西地方
伊丹空港ラウンジオーサカ
関西国際空港第1ターミナルビル2階カードメンバーズラウンジ比叡
六甲
金剛
関西国際空港第1ターミナルビル3階アネックス六甲
神戸空港ラウンジ神戸
中国、四国地方
岡山空港ラウンジマスカット
広島空港ビジネスラウンジもみじ
米子空港ラウンジDAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港旅客ターミナルビル2階ビジネスラウンジ
松山空港旅客ターミナルビル3階スカイラウンジ
徳島空港エアポートラウンジヴォルティス
九州、沖縄地方
北九州空港ラウンジひまわり
福岡空港国内線旅客ターミナルビル1階くつろぎのラウンジTIME
福岡空港国際線旅客ターミナルビル3階(制限エリア内)ラウンジTIMEインターナショナル
長崎空港ビジネスラウンジ アザレア
大分空港ラウンジ くにさき
熊本空港ラウンジ ASO
鹿児島空港スカイラウンジ 菜の花
那覇空港ラウンジ 華~hana~
ハワイ地方
ダニエル・K・イノウエ空港IASS EXECUTIVE LOUNGE

海外地方のハワイラウンジは1つしか利用できませんが、国内ではほとんどのラウンジが使用できます。

また、ANA VISAワイドゴールドカードにつき1人までしか利用することができません。夫婦や恋人同士でラウンジに入るには、家族カードが必要です。

メリット7 海外旅行傷害保険の付帯

ANA VISA・マスター ゴールドカード 保険サービス ご利用の手引き

ANA VISAワイドゴールドカードの代表的な保険サービスは下記の6つです。

  1. 海外旅行傷害保険
  2. 海外旅行・家族特約
  3. 国内旅行傷害保険
  4. 国内航空便遅延保険
  5. 国内航空傷害保険
  6. お買物安心保険

の保険が付帯。

死亡・後遺障害は5,000万円、治療費用150万円、賠償責任3,000万円、携行品損害50万円、救援者費用100万円、など手厚くサポートが受けられます。

メリット8 ANA VISAワイドゴールドを保有して、SFCカード取得に貢献

SFC(スーパーフライヤーズカード)を取得すれば、年会費を払い続ける限り、ANAの上級会員のプラチナステータスを半永久的に維持できます。

ANA VISAワイドゴールドカードを所持していると、カード審査やCIC調査などがなくなり、簡単で確実にSFCを発行可能。

「ANA VISAワイドゴールドカード→SFCカード」の切り替えが思った以上に楽にできます。なので、陸マイラーの95%以上は、ANA VISAワイドゴールドカードを所有しているんですね。

ちなみに、ソラチカカードからSFCの切り替えはできませんので、ANAマイルを貯めるために必要なソラチカカードとSFCは別物と考えてください。

  1. ソラチカカード = 81%の交換率でポイントをANAマイル移行に活用するカード
  2. ANA VISAワイドゴールドカード = ポイント移行に活用するカード(SFC切替用カード)
  3. SFC = 飛行機に乗ってプレミアムポイントを50,000ポイントを貯めて獲得した、ANAの上級会員のステータスを表すカード

と覚えてください。

メリット9 4,000ANAマイルをゲット!お得に申し込もう

マイ友プログラムを使う

マイ友プログラム

ANA公式サイトでANA VISAワイドゴールドカードを申し込みをする際に、マイ友プログラムを使うとお得に申し込めます。

マイ友プログラムとは、誰でもわかる簡単なシステムで、紹介者の名前を記述して、ANA VISAワイドゴールドカードを申し込めば、入会特典2,000マイル + マイ友プログラム特典2,000マイル= 4,000ANAマイルを無料で獲得できます。

マイ友プログラム登録ページ

上記リンク先へ遷移したら、下へスクロールして、

登録用ページ

登録ページをクリックします。その後、

ANAマイ友プログラム申請画面:1

紹介者氏名と紹介番号を下記のようにしてください。

  • 紹介者氏名 姓 サトウ
  • 紹介者氏名 名 ユウイチ
  • 紹介番号 00048791

申込者情報は、ご自身のお名前(全角カタカナ)と生年月日を正しく入力しましょう。

ANAマイ友プログラム申請画面:2

紹介者情報と申込者情報を確認したら、登録するボタンをクリック。

ANAマイ友プログラムの登録完了画面

登録が完了しました。

続いて下記のリンクのANA公式で扱っている、ANA VISAワイドゴールドカードのページへ進みまず。

ANA VISAワイドゴールドカード

詳細・お申し込み

ワイドゴールドのお申し込み

同意のうえ、入力画面へ進む

  1. 詳細・お申し込み
  2. ワイドゴールドカードのお申し込み
  3. 同意のうえ、入力画面へ進む

情報を入力して、最後に申込みボタンを押し、申込が完了したら、ANA VISAワイドゴールドカードが自宅に届くと4,000ANAマイル獲得できます。

ちなみに4,000ANAマイルは、ANAマイルの還元率1%クレジットカードで決済すると、40万円分のショッピングをしないと付与されません。

まとめ

  1. 最大のメリットは、ワールドプレゼント→Gポイントのマイル移行手数料が無料でリアルタイムに交換
  2. 良いメリットは、SKYコインに交換する倍率が1.6倍
  3. 搭乗時のボーナスマイルが25%UP
  4. Web明細書 + マイ・ペイすリボを利用して、年会費を最大4,500円割引
  5. 最大還元率1.648%だが、300万決済は難しいので、ポイント移行の死蔵カードとして活用
  6. 特定の国内・海外ラウンジが使える
  7. 海外旅行傷害保険の付帯
  8. ANA VISAワイドゴールドカードを保有→SFCカード取得に貢献
  9. マイ友プログラムの紹介で4,000ANAマイルをゲットできる

やはり、ANA VISAワイドゴールドカードの最大メリットとして、ワールドプレゼントポイントからGポイントへ時間を気にせずに、ポイントを交換できるところでしょうか。

ANA VISAワイドゴールドカードは、陸マイラーにとって絶対に必須だということが本記事を通してお分かりいただけたと思います。

ぜひ、この機会にANA VISAワイドゴールドカードをご利用ください。

マイ友の申請
マイ友プログラム登録ページ

カードの申込
ANA VISAワイドゴールドカード

関連記事
陸マイラー必見!毎月18,000ANAマイルを貯めるソラチカカードを徹底解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました