588

GitHubでリポジトリとMacでSSHキーを作成してpush・cloneするまで

この記事は約6分で読めます。



ソース管理はATLASSIAN社製の「Sourcetree」を使用していたのですが、ひょんなことからGitHubで管理することになったので、

  1. GitHubでリポジトリを作成し
  2. SSHキーを作成してGitHubに登録後
  3. ファイルをpushしてcloneできるまで

を、備忘録として記事に残します。




GitHubでアカウントを作る

Build better together

GitHubのページに遷移し、手順に沿ってアカウントを作成してください。

GitHubでリポジトリを作成

New repository

Githubへログインして、メニュー右上の「+」アイコンを押して、New repositoryをクリックします。

yuichi Create repository

適当に名前を付けて、Create repositoryボタンをクリック。

コマンドラインが表示されます。

SSHキーを生成

MacのターミナルからSSHキーを作成する目的

  1. SSHキーを作成し、公開鍵をGitHubに登録して git clone するため
  2. GitHubにSSHで git push するため
  3. push時に、毎回ユーザー名とパスワードを入力せずにするため

SSHキーを作成するコマンドを入力していきます。

$ ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "example@mail.com"

Eメールアドレスは、GitHubに登録したメアドが良いです。

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/hoge/.ssh/id_rsa): 
/Users/hoge/.ssh/id_rsa already exists.
Overwrite (y/n)? y
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:

色々問われるのでEnterを続けて押します。

Enter passphrase (empty for no passphrase): 
Enter same passphrase again:

上記の記述は任意のパスフレーズを入力した方がセキュリティ的に良いです。

Your identification has been saved in /Users/hoge/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /Users/hoge/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
SHA256:6BxKxxxIkkxux0ipxxx example@mail.com
The key's randomart image is:
+---[RSA 4096]----+
|0D+              |
|Br+              |
|@+-              |
|=B.o   .         |
|oA* o . S        |
|uo  S* u         |
|o.o X.+ .        |
|   ..E.o         |
|    +. .oo.      |
+----[SHA256]-----+
  1. id_rsa = 秘密鍵
  2. id_rsa.pub = 公開鍵

キーが作成されたので、公開鍵をGitHubにセッティングしていきます。

公開キーをGitHubに登録

Settings

Setting

SSH and GPG keys

SSH and GPG keys

New SSH key

New SSH key

yuichi_create_key ssh-rsa Add SSH key

Titleは任意の名前を入力し、KeyはMacターミナルで、

$ vim ~/.ssh/id_rsa.pub

に記述してある

ssh-rsa AWu...KAS== example@mail.com

をコピペして、Add SSH keyをクリックします。

登録成功です。

GitHubにpush

Gitのコマンドを参考にして、ファイルをGitHubにpushしてみます。

Gitのインストール方法・最低限のコマンド一覧まとめ

初期設定

$ git config --global user.name Taro Sato
$ git config --global user.email example@mail.com
$ git config --global list

ファイルを作成し、ステージにすべてのファイルを追加してコミット

$ echo "hello GitHub" > index.html
$ git add .
$ git commit -m "first Commit"

操作履歴を確認

$ git log
commit fxxx7 (HEAD -> master)
Author: yuichi <example@mail.com>
Date:   Tue Apr 30 23:38:45 2018 +0900

first Commit

リモートリポジトリに(origin: リモートのアクセス先)の追加

$ git remote add origin git@github.com:yuichisat0/yuichi.git

リモートリポジトリに(master: ブランチ名)をプッシュ

$ git push -u origin master
...done.
To github.com:yuichisat0/yuichi.git
 * [new branch]      master -> master
Branch 'master' set up to track remote branch 'master' from 'origin'.

成功。

リポジトリを見てみます。

index.htmlが反映。最初のpushは、READ.md(配布物の情報を明記するファイル)にすべきでしたね。

2回目以降のpushは、git push のみで上がります。

$ vim index.html
Edit...

$ git add .
$ git commit -m "Fix: index.html"
$ git push

適当にcloneしてみる

Clone or download Use SSH

Clone or download→Use SSH

git@github.com:carloscuesta/gitmoji.git

画像右部にあるコピーアイコンをクリックすると、gitから始まる文字がコピーできます。

$ mkdir hogehoge
$ cd hogehoge
$ git clone git@github.com:carloscuesta/gitmoji.git
Cloning into 'gitmoji'...
remote
...
Receiving objects...
Resolving deltas...

$ ls
gitmoji

cloneできました。

 

ソースホスティングサービス
GitHub

参考
お前らのSSH Keysの作り方は間違っている
MacBookへのgit導入とGitHub運用
git clone 出来ない( ノД`)…おぉー!出来たー( ;∀;)!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました