ホームページ制作の流れ

この記事は約2分で読めます。

「ホームページ制作って最初に何をすればいいの」
「流れを教えてほしい」
「よくわからないから依頼したい」

そんな方に向けて本記事では、ホームページ制作の流れについて解説いたします。

お客様に用意していただくモノ

お客様に用意していただくモノは、ホームページに掲載する文章と画像です。

文章は何文字でも問題ございませんが、多すぎると情報過多になってしまうので、最低限にしましょう。

画像サイズはデザインによって異なりますが、おおよそ、横1280のサイズであればどのパソコンや携帯端末でも対応できます。

初回打ち合わせ

ホームページ初心者からウェブ上級者まで、それぞれのレベルに合わせたご説明をさせていただきます。

お悩み相談などは事前にご相談ください。

相談内容を事前に知ることでスムーズに対応できます。

以下は、お客様側で実施していただく事項ですが、初回打ち合わせ時に決定していただくこともできます。

ドメインの取得

まずは、ネット上の住所となるドメイン(HP アドレス)を取得します。

  • 会社でサイトを運営する場合は「.co.jp」
  • 医療法人や社団法人のサイトを運営する組織は「.or.jp」
  • ブログやその他サービスを運営する場合は「.com」「.net」「.jp」のいずれか

がおすすめです。

ドメインは一生の資産なので、慎重に取得しましょう。

参考記事
ドメイン名を取得する際に役立つ9つのこと

おすすめの取得先
お名前.com

レンタルサーバの契約

次に、ネット上の土地となるレンタルサーバを契約します。

  • 管理画面が見やすい「mixhost
  • 大手企業が運営している「Conoha WING
  • 初心者に優しい「エックスサーバー」

のどれかがおすすめです。

WEB屋歴6年で海外を含めて20以上のサーバを触った筆者の場合は、表示スピードが速くて、同時アクセスにも耐えられて、99.99%の稼働率を誇るエックスサーバーをおすすめします。

参考記事
初心者必見!WEB屋6年がおすすめするエックスサーバーのメリット8選

おすすめのレンタルサーバ
エックスサーバー

取得・契約後

ドメインのご取得先のサイトと、レンタルサーバご契約先のサイトのIDとパスワードを教えていただきます。

その後、

  • ドメインとサーバの紐づけ
  • テスト環境と本番環境にワードプレスのインストール or WEBテンプレートをアップロード
  • 独自SSL証明書の取得(http を https にする)

上記の作業は筆者が責任を持って実施いたします。

次項
ワードプレスで運営する場合

タイトルとURLをコピーしました