665

Gitのインストール方法・最低限のコマンド一覧まとめ

この記事は約5分で読めます。



業務上Gitを使うことがあるので、忘れたときに読み返す用のメモとして、Gitのインストール方法やコマンド一覧を公開いたします。




Gitをインストールする前に

gitをインストールする前に、パッケージ管理マネジャーのHomebrewをインストールすると便利です。

今後の開発に役立つツールなので、是非インストールしてみてください。

Homebrewのインストール方法・コマンドまとめ

brew listコマンドでGitがインストールされていないかを確認します。

$ brew list
cmake       gettext     heroku      icu4c       nginx       nodebrew    pcre        pkg-config
curl        heroku-node makedepend  node@10     openssl     pcre2       sphinx-doc

なかったので、インストールしていきます。

Gitをインストール

$ brew install git
Updating Homebrew...
...
==> git
Bash completion has been installed to:
  /usr/local/etc/bash_completion.d

zsh completions and functions have been installed to:
  /usr/local/share/zsh/site-functions

Emacs Lisp files have been installed to:
  /usr/local/share/emacs/site-lisp/git

完了。

Gitのバージョンを確認します。

$ git --version
git version 2.20.1 (Apple Git-117)

次に、環境変数(exportの変数)に下記の1行を追加します。

$ vim ~/.bash_profile
...
export PATH="/usr/local/Cellar/git/2.20.1/bin:/Users/path/to:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:$PATH"

環境変数の注意点として、

  1. path/to をGitをインストールしたディレクトリに変更
  2. Gitのバージョンが2.20.1の場合、git/2.20.1/ に変更

します。

一度プロセスを終了させないと、パス通し設定がリセットされない為、exitコマンドを実行します。

$ exit

ターミナルを開き直し、再度接続をして、lsや、cdなどのコマンドを利用できることを確認。

$ ls
file1 file2 file3

PATHが間違っていると、lsコマンドやcdコマンドが使えない可能性があります。

コマンドが使えなくなったら

$ ls
-bash: ls: command not found
$ cd
-bash: cd: command not found
$ vi file
-bash: vi file: command not found

ディレクトリの情報見れないし、移動できないし、ファイル開けられないし、どうすればいい!

そんてときは、/usr/bin/ にある .bash_profileを確認して、パス通りの export PATH= を修正しましょう。

/usr/bin/vi ~/.bash_profile

Gitコマンドをわかりやすく例えた画像

郵便局メゾット

引用元
@yunico_jp

Gitを使っていると、ときどき、コマンドラインの意味がわからないことが多々ありました。

ググっていくと、Gitを郵便局に例えたわかりやすい画像を見つけたので添付します。

上記画像の「git commit封筒の封をする」部分は、「封筒に文字(メッセージ)を書く」という解釈の方がわかりやすいと感じました。

でも、めちゃくちゃわかりやすく、カワイイデザインで親しみやすいです。

Gitの最低限のコマンド一覧

初期設定

$ git config --global user.name "xxxxx xxxxx"
$ git config --global user.email "xxxxx@mail.com"

リモートリポジトリからクローン

$ git clone {repository URL}

ローカルでfile.htmlを変更後、file.htmlをステージに追加

$ git add file.html

全部ステージに追加する

$ git add .

コミット

$ git commit -m "message"

リモートリポジトリ(origin)にブランチ(master)をプッシュする

$ git push origin master

リモートリポジトリにプッシュ

$ git push

ローカルのファイルを最新にする

$ git pull

変更ステータスを表示

$ git status

履歴を確認

$ git log

ブランチを確認

$ git branch

変更したファイルを取り消す

$ git checkout {file name}

ブランチを切り替える

$ git checkout {branch name}

他のブランチから今いるブランチにマージ

$ git merge {branch name}

ファイルを編集後、リモートへpushするまでの流れ

$ vim file.html
Edit...
$ :wq
$ git add .
$ git commit -m "Add: file.html"
$ git push

 

ソフトウェア
Git

参考
HomebrewでGitをインストールする
基本的なGitコマンドまとめ
デザイナーがこうやってGit覚えて大好きになったよ♡
本当に最低限のGitコマンド集

コメント

タイトルとURLをコピーしました