1456

陸マイラー的!ポイントをANAマイルに交換する4つのルート・コース

この記事は約9分で読めます。



2018年3月31日まで、ANAマイルを貯めるために必要なポイント交換コースはドットマネールートがメインでした。

しかし2018年4月1日、ポイント交換率90%を誇っていたドットマネーから東京メトロポイントへの移行コースが断絶。

「ソラチカ改悪」というワードが、陸マイラー業界に出回りました。2018年4月以降は、LINEポイントルートが主流になっています。

ということで本記事では、

  1. 古くから230万人のユーザーに愛されているハピタス
  2. 東証一部上場企業が運営しているモッピー
  3. 外食モニターで会員数100万人を突破したファンくる

で、獲得したポイントの移行ルートをまとめてご紹介!

最終的にポイントをANAマイルにするまで、メリットとデメリットを交えて掲載いたします。




1. 【超重要】ANAマイルを貯めるのに必要なLINEポイントルートは81%の高レート

LINEポイントルート

LINEポイントルートはANAマイルを貯める超重要事項ですので、しっかりと読むことをおすすめします。

画像左はポイントサイト、真中はポイント中継サイト、右にANAマイルへの枠があります。左のポイントサイトで獲得したポイントをポイント中継サイトへ経由して、さらに右のANAマイルへ移行するといった形です。

各ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換するときの最大レートは81%。

2018年3月31日に終了したドットマネールートと比較すると9%ほど劣りますが、80%以上を実現しているため、かなりの高レートと言えます。

色々ルートを試して陸マイラー的に研究した結果、Gポイントを介してLINEポイント、東京メトロ、ANAマイルに移行するのが、一番交換比率が高いルートになりました。

ハピタス→中継ポイントサイト→ANAマイル

すべての陸マイラーから愛される老舗ポイントサイトのハピタスで貯めたポイントを、中継サイトを使ってANAマイルに交換した場合のメリットとデメリットです。

メリット

  1. 安心かつ安全にポイントを移行
  2. 保証制度がある
  3. 70%以上の陸マイラーが使っている

特筆すべき点は、ほとんどの陸マイラーブログがハピタスを推薦している点です。ポイント交換先も優良企業なので安心して、失効することなく移行できます。

デメリット

  1. 6回の手順を踏んで、ポイントを交換するので時間がかかる
  2. Gポイントルートを開通していない
  3. 高レートでポイントを交換するには、これしか方法がない

短所は、ポイントを移行するときの手順が長いという点ですが、仕方ないことです。これくらいの多い手順を踏まないと、高い還元率を誇るポイントに移行できないですので。

後述するモッピーとファンくるは、ポイント移行期間が短くて済みます。

モッピー、ファンくる→中継ポイントサイト→ANAマイル

モッピー、ファンくるで10,000ポイントを獲得した場合、最終的に8,100ANAマイルになります。

メリット

  1. 4回の手順でポイントをANAマイルにできる
  2. 2018年12月10日に外食モニター案件が豊富のファンくるは、Gポイントルートを開通(リアルタイムでポイント交換)
  3. モッピーを経由して、ゲームアプリダウンロードすると、微量ながらポイントが獲得できる

デメリット

  1. モッピー→Gポイントへのポイント移行はPCから実施しないと交換不可能
  2. ファンくるの外食案件は、外食後レポートを提出して、最長でポイント獲得3ヶ月待ちなんていう例もあり
  3. モッピーだと2%還元、ハピタスだと3%還元という案件例もあり

上記以外にも、Gポイントを介さないルートが存在(モッピー→LINEポイント→ソラチカ→ANAマイル)するが、交換率は73.6%。Gポイントルートの81%に対してやや劣ります。

nimoca、JQみずほ、Tポイント・nanaco・楽天ポイントの交換ルートのメリット・デメリット

下記は、LINEポイントルートが閉鎖したときの対応策。

残念ながら、81%という高水準を満たしてくれるルートはありませんが、いち陸マイラーとして、ANAマイルに変換する知識としてあったほうが良い情報です。

ちなみに、年間100万マイル達成や年30万ANAマイル貯まった、という記事タイトルがブログに多く見られます。

そのようなタイトルは、ソラチカルート以外のnimocaコース、みずほJQコース、Tポイント・nanaco・楽天ポイントコースなどからANAマイルへ交換しているからなんです。

2. 上限なしで70%の交換率だけど、交換機が必要なnimocaルート

nimocaルート

ソラチカルート以外に、西武鉄道の子会社のnimocaカードを利用した、nimocaルートというコースがあります。

メリット

  1. PeXからワールドプレゼント、Gポイント、LINEポイントを通さずに、直接nimocaへポイントが移行できる
  2. ポイント移行時間が短縮
  3. 交換上限がない

PeXからnimocaの引き換え期間は月末締めの翌月10日~20日頃交換が完了。nimocaからANAマイルは交換実施後の翌日に反映されます。上限がなく、青天井なところが良いですね。

仮に、本コースを使って10,000ポイントをANAマイルに交換した場合、7,000ANAマイルになります。

デメリット

  1. 交換率が70%とソラチカルートに比べて劣る
  2. 交換機でポイントを移行する必要がある
  3. 交換機械は福岡と大分、熊本、宮崎、北海道函館しかない

はっきり言って、時代遅れ感がものすごいあります。今どき交換機って。ですが、通勤や通学にnimoca交換機がある駅を利用している人なら活用できますね。

東京や大阪などの首都に交換機器がないのがネックです。関東・関西近辺在住の陸マイラーは利用するのが難しいですね。

3.70%を実現したけど、カードを新たに発行しなくてはならないJQみずほルート

JQみずほルート

みずほANAマイレージクラブカードを活用してポイントを移行できます。

メリット

  1. nimocaルートと違い、交換機は必要ない
  2. みずほ銀行とANAが提携しているので安心
  3. マイル移行上限がない

JR九州グループのクレジットカードのJQ CARD(JQセゾンカード)と、永久不滅ポイントを相互交換します。永久不滅ポイントをみずほANAを使ってANAマイルに交換。

また、JMB JQ SUGOCAやJQエポス、JQエポスゴールド、ビックカメラJQ SUGOCAのポイントをJRキューポにフローして、JQセゾンで移行するといった手法もあります。

もし、本コースを活用して10,000ポイントをANAマイルに移行したら、7,000ANAマイルに代わります。

デメリット

  1. 交換比率70%とソラチカルートと比較すると少ない
  2. nimocaコースに比べて移行に時間がかかる
  3. 新しくカードを2枚も発行しなければならない

みずほANAカードとJQカードの広告を、ポイントサイト上の広告で見たことがないので、ポイントサイトを経由せずに直接サイトへ訪問して、3枚のクレカを発行しなければなりません。

4. シンプルだけど50%の交換率!Tポイントルート、nanacoルート、楽天ポイントルート

Tポイント、nanaco、楽天ルート1

Tポイント、nanaco、楽天ルート2

日本で初めてポイントシステムを構築したTポイント・ジャパンのTポイント、セブンイレブンジャパンが運営のQUICPay(以下、nanacoポイント)、楽天が発行している楽天ポイントを、直接ANAマイルに経由することもできます。

メリット

  1. シンプルでわかりやすく直接交換可能
  2. Tポイント→2週間前後、nanacoポイント→約10日間、楽天ポイント→約1週間と、どのルートよりもポイント交換時間が一番迅速
  3. 日常生活で貯めることできるポイントばかり

ハピタスから楽天ポイントまたはnanacoポイントの移行を実現。Tポイントはファミリーマート、nanacoはセブンイレブン、楽天ポイントは楽天市場で各々の決済をすれば、ポイントが貯まるのは利点ですね。

仮に、10,000ポイントを移管したら、5,000ANAマイルに早変わりです。

デメリット

  1. お世辞にも50%の交換率は高いといえない
  2. 楽天ポイントのみ上限あり(月20,000ポイント、1日1,000ポイントまで交換可能)
  3. 100円の商品購入時に1ポイント貯まる

商品購入時は上記3つで分散させて購入するのではなく、一極に集中して商品を購入すればポイントは貯まりやすいですね。

おまけ JALマイルを貯めるモッピールート

モッピーからJALマイル

JALマイルはモッピールートで貯めることができます。ルートというか、モッピーからJALマイルに直接ポイントを移行するだけです。

特徴は3つあります。

  1. モッピーが公式に発行しているPOINT WALLET VISA PREPAIDを所有
  2. 12,000ポイントをJALマイルに交換
  3. 各月1人1回限り、合計15,000ポイント以上広告を利用すれば、4,500ポイントがバック

ポイントバックが少しややこしく感じるが、ポイント獲得数を上回っていれば、実質15,000Pで12,000JALマイルになるため、80%の還元ルートが実現されています。

JALマイルはANAマイルと比べて、さほど還元率は変わりませんが、ANAはポイント移行コースが長期間必要なのに対し、モッピーは短期間で交換できるのが最大の特徴であり長所です。

4つのポイント交換ルート図まとめ

高レートポイント交換フローまとめ1

  1. LINEポイントルート(81%)
  2. nimocaルート(70%)
  3. JQみずほルート(70%)
  4. Tポイント・nanaco・楽天ポイントルート(50%)

のメリット・デメリットをご紹介しました。

ソラチカルートが閉鎖されて、陸マイラーたちは窮地に立たされ、なんとか高レートでポイントを移行可能なコースがないかと模索。

2019年4月23日現在は、LINEポイントルートで問題なさそうですが、これから本ルートが閉鎖されたら、nimocaルートやJQみずほルートがメインになるのかもしれません。

LINEポイントコースが絶たれた場合、何が一番おすすめのコースなのかわからない陸マイラーは本記事を参考にして、ポイント交換コースを確認していただきたいです。

陸マイラー専用月間ポイント交換カレンダーとスケジュール

「ポイント交換ルートはわかったけど、毎月何日のタイミングで中継サイトに移行してマイルにすればいいのかわからない」

そんな悩みの方に向けて、毎月の陸マイラー専用のポイント交換カレンダーを公開しました。

毎月5日と10日、25日だけポイントを交換すれば少ない労力でポイント移行が済みます。

陸マイラー月間ポイント交換カレンダー

コツをつかめば、誰でも簡単に効率よくポイントを交換することができますよ!

また、交換する手順や交換スケジュールも記事として掲載していますので、ぜひご覧ください。

陸マイラー的!ポイントをANAマイルに交換する7つの手順・スケジュール

コメント

タイトルとURLをコピーしました