3948

【陸マイラー】3つのポイントをANAマイルに交換する5つのルート・コース

この記事は約7分で読めます。




2018年3月31日まで、ANAマイルを貯めるために必要なポイント交換コースはドットマネールートがメインでした。

しかし2018年4月1日、ポイント交換率90%を誇っていたドットマネーから東京メトロポイントへの移行コースが断絶。

「ソラチカ改悪」というワードが、陸マイラー界隈に出回りました。2018年4月以降は、LINEポイントを中継した新ソラチカコースが主流になっています。

そこで本記事では、ハピタスからANAマイルに交換するまでの最新ルートを、メリットとデメリットを交えて5つご紹介します。



1.【超重要】ANAマイルを貯めるのに必要なソラチカルートは81%の高レート

ソラチカルート

画像左はポイントサイト、真中はポイント中継サイト、右にANAマイルへの枠があります。左のポイントサイトで獲得したポイントを、ポイント中継サイトへ経由して、さらに右のANAマイルへ移行するといった形の図です。

LINEポイント中継のソラチカコースは、ANAマイルを貯める上で超重要事項なので、しっかりと読むことをおすすめします。

メリット

  1. どのルートと比較しても、一番高いレートの交換率(81%)
  2. 毎年216,000ANAマイル(毎月18,000ANAマイル)を貯めることができる

陸マイラー初心者で、とりあえずANAマイルを貯めてみたい方はこちらがおすすめ。80%以上の高レートでかつ、毎月18,000ANAマイルを貯めるルートです。

デメリット

  1. 2018年3月31日に終了した、ドットマネールートと比較すると9%ほど劣る
  2. クレジットカードが2枚必要(ANA VISAワイドゴールドとソラチカカード)
  3. ハピタス→ANAマイルまで6回の交換手順を踏まなければならない

ANA VISAワイドゴールドは所持していて損はないです。スカイコイン交換やSFCカード取得に役立ちます。

ソラチカルートが閉鎖した時の対応策

ソラチカカードと赤い罰点

残念ながら、81%という高水準を満たしてくれるルートはありませんが、いち陸マイラーとして、ANAマイルに交換する知識として、あったほうが良い情報です。

2. 【重要】TOKYUルートは75%のレート

TOKYUルート

2019年6月に開通のTOKYUルートが新しく加わりました。

メリット

  1. ANAマイルへの交換率は75%
  2. 移行上限は月10万ポイント(75,000ANAマイル)まで
  3. 最短3週間前後で交換が可能

月に75000ANAマイルまで移行できるので、ほぼ上限なしといっても過言ではありません。

ポイントサイトでたくさんポイントをお持ちの方や、毎月ソラチカルートで18,000ANAマイルしか貯めることができなくて、嫌な思いをしている方は利用すべきでしょう。

デメリット

  1. 6%ダウン(75%)の交換率はちょっと低い
  2. 毎月75000ANAマイル貯める必要性がない人

国内外旅行のために、1年に1回(216,000ANAマイルを使う)程度くらいANAマイルを貯めるのであれば、ソラチカルートで問題ないでしょう。

3. 上限なしで70%の交換率だけど、交換機が必要なnimocaルート

nimocaルート

ソラチカルート以外に、西武鉄道の子会社のnimocaカードを利用した、nimocaルートというコースがあります。

メリット

  1. PeXからワールドプレゼント、Gポイント、LINEポイントを通さずに、直接nimocaへポイントが移行できる
  2. ポイント移行時間が短縮
  3. 交換上限がない

PeXからnimocaの引き換え期間は月末締めの翌月10日~20日頃交換が完了。

nimocaからANAマイルは交換実施後の翌日に反映されます。上限がないところがメリットですね。

デメリット

  1. 交換率が70%なので、ソラチカルートやTOKYUルートに比べて劣る
  2. 交換機でポイントを移行する必要がある
  3. 交換機械は福岡と大分、熊本、宮崎、北海道函館しかない

はっきり言って、時代遅れ感がものすごいあります。今どき交換機って。ですが、通勤や通学にnimoca交換機がある駅を利用している人なら活用できます。

東京や大阪などの首都に交換機器がないのがネックです。関東・関西近辺在住の陸マイラーは利用するのが難しいですね。

4. 70%を実現したけど、カードを新たに発行しなくてはならないJQみずほルート

JQみずほルート

みずほANAマイレージクラブカードを活用してポイントを移行できます。

メリット

  1. nimocaルートと違い、交換機は必要ない
  2. みずほ銀行とANAが提携しているので安心
  3. マイル移行上限がない

JR九州グループのクレジットカードのJQ CARD(JQセゾンカード)と、永久不滅ポイントを相互交換します。さらに、永久不滅ポイントをみずほANAを使ってANAマイルに交換。

また、JMB JQ SUGOCAやJQエポス、JQエポスゴールド、ビックカメラJQ SUGOCAのポイントをJRキューポにフローして、JQセゾンで移行するといった手法もあります。

デメリット

  1. 交換比率70%とソラチカルートと比較すると少ない
  2. nimocaコースに比べて移行に時間がかかる
  3. 新しくカードを2枚も発行しなければならない

みずほANAカードとJQカードの広告を、ポイントサイト上の広告で見たことがないので、ポイントサイトを経由せずに直接サイトへ訪問して、3枚のクレカを発行しなければなりません。

5. シンプルだけど50%の交換率!Tポイントルート、nanacoルート、楽天ポイントルート

Tポイント、nanaco、楽天Pルート1

Tポイント、nanaco、楽天Pルート2

Tポイント、nanaco、楽天Pルート3

日本中に浸透しているTポイント、セブンイレブンジャパンが運営のQUICPay(以下、nanacoポイント)、楽天が発行している楽天ポイントを使ってANAマイルにすることもできます。

メリット

  1. シンプルでわかりやすく直接交換可能
  2. Tポイント→2週間前後、nanacoポイント→約10日間、楽天ポイント→約1週間と、どのコースよりもポイント交換時間が一番迅速
  3. 日常生活で貯めることできるポイントばかり

ハピタスから楽天ポイントまたはnanacoポイントの移行を実現。Tポイントはファミリーマート、nanacoはセブンイレブン、楽天ポイントは楽天市場で各々の決済をすれば、ポイントが貯まるのは利点ですね。

デメリット

  1. お世辞にも50%の交換率は高いといえない
  2. 楽天ポイントのみ上限あり(月20,000ポイント、1日1,000ポイントまで交換可能)
  3. 100円の商品購入時に1ポイント貯まる

商品購入時は上記3つで分散させて購入するのではなく、一極に集中して商品を購入すればポイントは貯まりやすいですね。

ポイント交換ルートまとめ

ANAマイル
交換率
ANAマイル
交換率
交換
上限
交換機交換ス
ピード
交換
回数
必要ク
レカ数
ソラチカ
ルート
81%月18,000ANAマイルまで不要3カ月6回2枚
TOKYUルート75%月75,000ANAマイルまで最短3
週間
3回1枚
nimoca
ルート
70%なし必要
JQみずほ
ルート
不要4カ月6回3枚
Tポイント
ルート
50%2週間2回0枚
nanaco
ルート
10日
楽天P
ルート
月20,000ポイント
1日1,000ポイントまで
1週間

2019年6月では、ソラチカルートで問題なさそうですが、本ルートが閉鎖されたら、TOKYUコースがメインになるのかもしれません。

ソラチカコースが絶たれた場合、本記事を参考にして、ポイント交換コースを確認していただきたいです。

陸マイラー専用カレンダーと交換手順

「ポイント交換コースはわかったけど、毎月何日のタイミングで中継サイトに移行してマイルにすればいいのかわからない」

そんな悩みの方に向けて、毎月の陸マイラー専用のポイント交換カレンダーを公開しました。ポイントを交換日が少なければ少ないほど、小さな労力でポイント移行が済みます。

また、交換する手順や交換スケジュールも記事として掲載していますので、ぜひご覧ください。

関連記事
陸マイラー専用月間ポイント交換用カレンダー
【陸マイラー】3つのポイントをANAマイルに交換する7つの手順

コメント

タイトルとURLをコピーしました